top of page

目覚め


前回歪みについて触れましたが、続き。

私も歪みと向き合う中で紆余曲折ありました。初めはやはり、とにかく歪んでいる所が気になってましたね。人間て気になりだしたらもう止まりません。

そうなると、神様はあ、この人歪みたいんだな、って思うらしいんですね。結果歪みが歪みを生むループが始まります。だって歪みにフォーカスしてるんだもん。これがいわゆる引き寄せの法則ですよね笑。


自分が生きている時間を、人生と捉えると悲喜交々ドラマがあってなんだかカラフルに彩られてきたりしますが、生活と捉えると途端にスケジュールをこなす、黙々と生きる、みたいになって笑、1日があっという間に過ぎていきますね。 特別身体を顧みることなく日々そんなルーティンを続けていると大抵私達は、 いつも同じ筋肉を使っていたり、 同じ力量だったり、 同じ角度で体を動かしたり、 しているのではないかと思います。 ということは! 歪みにばかりフォーカスしていると確かに段々息苦しくなってきたので、ふと遠くから、反対側から?眺めてみると、『目覚めていない部分』というイメージが浮かんできました。

重たい頭を支えるために身体が全身のバランスを取る際にとりあえず目覚めている部分が優先して稼働していると思うんです。 自分が歪んでいると思うところ、詰まっていると思うところ、あと痛みを感じるところ、

などは、結局そのひずみから生まれた結果なんではないかと。 それが左右、前後などの単純なことだけでなく、もっと広い範囲で繋がっている世界から来ていると、身体が教えてくれた気がしました。そうなると、もはやその歪みに対してどちらかというとごめんなさいねという感情が生まれてきて笑、やはり身体全体で、一体で向き合っていかないとなぁ…に至ったわけです。


すぐに結果を出すとなると難しい話だと思います。これも長い人生の彩りの一つと捉えて、そのまだ『目覚めていない部分』も開花していったら、ひいては歪みの解消に繋がっていくのかなと思います。

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

バランス感覚②

フラメンコといえばステップを踏み鳴らす…というイメージを持たれている方も多いと思います。専用のシューズがあって、つま先とかかとに釘が打ってあります。 レッスンが始まってシューズを買ったらいざステップの練習です。脚を持ち上げて下す、をひたすら繰り返すんですが、それだけでもちろん音は出ます。初めは慣れない動きで音質どころではないのですが、ある程度踊れるようになると、自分の足で綺麗な音をだせるかどうかま

バランス感覚①

バランスワークって、片足で立ってバランス取るポーズとかするクラスだと思ってました…って参加くださった方から時々言われます。 確かに、それもやりますがバランスとは都合のよい言葉でして、言うてみたら極論この世は全てバランスで出来てます。 例えば皆さん利き手がありますね。もう片方の手は遊んでるのかと言われたら利き手が動いている間相方はそれを支えるために機能してるので、無意識ですが体はバランスを取っていま

連携プレイ

クラスに初めて参加される方あるあるなんですが、ご自分では体が硬いと思われてる方が多くて、だけど実際は体自体が硬いというよりは動きが硬いのでは?と私思うこと多いんですね。 クラスでもよく話しますが、利便性を求める生活とは所謂いかに身体や頭を使わずに楽に事が済ませれるかってことなので笑、なるべく細かく動かなくて済むように、とかまたは同じパーツ、同じ動き、同じ使い方しかしていなかったりします。 例えば'

Comments


bottom of page