top of page

連携プレイ


クラスに初めて参加される方あるあるなんですが、ご自分では体が硬いと思われてる方が多くて、だけど実際は体自体が硬いというよりは動きが硬いのでは?と私思うこと多いんですね。


クラスでもよく話しますが、利便性を求める生活とは所謂いかに身体や頭を使わずに楽に事が済ませれるかってことなので笑、なるべく細かく動かなくて済むように、とかまたは同じパーツ、同じ動き、同じ使い方しかしていなかったりします。


例えば'腕を上げる'動作は、意識してなくても胸や背中の筋力が実際伴って動いています。フラメンコはしょっちゅう腕上げますので、バイラオーラ達の背中は大概綺麗ですわ。

そして手先から動かし始めるのと、体幹から動かし始めたその先に腕が上がるのでは運動量はえらい違ってきます。日常生活は目的に体を合わせて動かしているので目の前のことに夢中だったりで末端がまず動いていくことが多いです。まぁ体幹から筋肉がしなやかに連動して滑らかに物を掴んで…なんてやってるヒマはないです笑。


てことは、意識的に身体を使うとはもちろん頭を使いますよ。脳から指令を届ける段階、繰り返し繰り返しやって体が覚える段階、そしたら意識しなくても自然に出来るようになる!これは科学的にも証明されているそうで、特別な技術習得とかまで行かずとも日常の範囲で皆さんも心当たりがあるのではないかと思います。お料理とか掃除とかで工夫するやつです。

日常ではなかなか難しいですが、いわゆる踊りなどその繰り返しの動きの中で関連した筋肉達が連動していく時、あえて意識を向けるとそこに息が吹き込まれて、呼吸が生まれ段々動きがなめらかになっていくんですね。

少々パーツは硬くても連動性が高い身体。

呼吸が通るということは体内にエネルギーが巡り、その自分が思い描いた流動するイメージは確実に外側の体のラインにも影響しますし、内側には熱も生まれるので結果的にトータルで健全な肉体へと変わっていきます。

本来の身体の機能を活かす方法なので、そもそも身体は自ずと整うように出来ているんだということをご自身で体感されると思います。本来の姿に戻っていく感じですよね。


私が言うのも何ですが、バランスワークに継続して来てくださってる方々どんどん美しくなられてるんですよ。何かをやってるからというよりは皆さんご自分の身体への意識が高くなって、日常を送りながらもその注意力や関心がちゃんと彼女達の体に伝わっていて、そして体も彼女達の思いを受け取ってちゃんと応えてくれてるんですね。決して無理をされてるわけでもないし、そうやって彼女達の日々を過ごされる姿勢にはとても感心させられます。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

バランス感覚②

フラメンコといえばステップを踏み鳴らす…というイメージを持たれている方も多いと思います。専用のシューズがあって、つま先とかかとに釘が打ってあります。 レッスンが始まってシューズを買ったらいざステップの練習です。脚を持ち上げて下す、をひたすら繰り返すんですが、それだけでもちろん音は出ます。初めは慣れない動きで音質どころではないのですが、ある程度踊れるようになると、自分の足で綺麗な音をだせるかどうかま

バランス感覚①

バランスワークって、片足で立ってバランス取るポーズとかするクラスだと思ってました…って参加くださった方から時々言われます。 確かに、それもやりますがバランスとは都合のよい言葉でして、言うてみたら極論この世は全てバランスで出来てます。 例えば皆さん利き手がありますね。もう片方の手は遊んでるのかと言われたら利き手が動いている間相方はそれを支えるために機能してるので、無意識ですが体はバランスを取っていま

チューニング

春分を迎え、すっかり暖かくなりましたね。コロナ騒動もやっとひと段落でしょうか…そうしましょう笑。桜も再び花開く季節、まるで世界が新しいフェーズにいよいよ突入して行きそうな予感がしませんか? 前回のブログでも触れたテーマに関連して私の中で繋がる言葉があります。 『チューニング』 これは音だけの話ではなく、結局この世の中は様々な要素で成り立っているので、それら一つ一つが尊重されそのままが生かされ統合さ

Comments


bottom of page