top of page

モゾモゾは教えてくれる

ヨガなどの体を整えるトレーニングを始めると、そのうち体のどこかがモゾモゾ、ソワソワ、なんだかくすぐったいような感覚が生まれるんですが、これは体が解れてきたお知らせと聞いたことがあります。


私は以前は頑張って生きてました。むしろ頑張らなければいけないぐらいに思ってました。年を重ねたせいもあるでしょうが、頑張るって…と疑問に思い始めて、その時ヨガをもう始めてたんですが、ある時そのモゾモゾがやってきました。それもなんでここが?自分の体の歪みとはあまり関係無さそうなところだったので、最初何かの病気かな?と思ったくらい笑。


でも、その結局何を頑張るのか?という自問自答の中で、頑張るのは悪いことではないけれど、力むとはちょっと違うんじゃないか?というイメージが見えてきました。 そうすると、考え方や物の見方の幅が少し広がって新しい感覚を覚えたんですが、まぁ感情もあることですし、人間そう簡単には変わりません。現実うまく行かないことも多々ありましたが、徐々に思考回路が広がるにつれて、モゾモゾの位置も変わっていったんです。表面的だったり曖昧だったものが、何か中心や確信に近づいていくにつれて、モゾモゾするところと実際体に感じている歪みのイメージも近づいていきました。今は、まだどうしても力みが抜けない部分のバランスを体が取っている結果そこがモゾモゾするんだな、まで来ました。←今ココ笑


んー…脳と身体。 私のイメージでは繋がっているけど混同しない、という感じかな。

身体は自然の一つなので、いつでも黙って私達の全てを受け入れてくれています。

そして情報や思考から生まれるものが自分にとって必要かどうかは、身体が教えてくれていると感じます。脳が頑張りすぎるとどうしても体、それも外側に力が入ります。脳は答えを求めますしね。自分にとって必要なものが必ずしも脳が求めている答えと一致しないのが厄介です。

外側に力が入ると、本来内側にある私達人間が持っている可能性という素晴らしい力が萎縮してしまうのではないでしょうか。感情はコントロール出来ませんが、脳は上手く?なるべくコントロール出来たら身体の負担が軽くなるのではないかと思います。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

バランス感覚②

フラメンコといえばステップを踏み鳴らす…というイメージを持たれている方も多いと思います。専用のシューズがあって、つま先とかかとに釘が打ってあります。 レッスンが始まってシューズを買ったらいざステップの練習です。脚を持ち上げて下す、をひたすら繰り返すんですが、それだけでもちろん音は出ます。初めは慣れない動きで音質どころではないのですが、ある程度踊れるようになると、自分の足で綺麗な音をだせるかどうかま

バランス感覚①

バランスワークって、片足で立ってバランス取るポーズとかするクラスだと思ってました…って参加くださった方から時々言われます。 確かに、それもやりますがバランスとは都合のよい言葉でして、言うてみたら極論この世は全てバランスで出来てます。 例えば皆さん利き手がありますね。もう片方の手は遊んでるのかと言われたら利き手が動いている間相方はそれを支えるために機能してるので、無意識ですが体はバランスを取っていま

連携プレイ

クラスに初めて参加される方あるあるなんですが、ご自分では体が硬いと思われてる方が多くて、だけど実際は体自体が硬いというよりは動きが硬いのでは?と私思うこと多いんですね。 クラスでもよく話しますが、利便性を求める生活とは所謂いかに身体や頭を使わずに楽に事が済ませれるかってことなので笑、なるべく細かく動かなくて済むように、とかまたは同じパーツ、同じ動き、同じ使い方しかしていなかったりします。 例えば'

コメント


bottom of page